痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

歯の治療で患者さまがもっとも気にするひとつが「治療中の痛み」です。麻酔をかける時や歯を削る時に「痛かったらどうしよう」と心配になり、緊張する方も少なくありません。痛みの不安があると、身体が緊張して固くなり、ちょっとした刺激でも強い痛みを感じてしまいます。安心して治療を受けていただくために、痛みの不安を取り除くことが先決です。当院では、独自の麻酔テクニックや笑気麻酔を使った「痛みの少ない治療」に取り組んでいます。痛みに対して強い不安をお持ちの方でも、ストレスなく治療を受けていただいています。痛みが怖くて歯医者さんに行けない方は、一度当院の治療を受けてみてください。

理事長が独自に考案。匠の麻酔技術で痛みの不安を解消します

匠の麻酔技術一般的に手動の麻酔器を使うと力のコントロールが難しくなり、痛みや違和感が強くなるといわれています。当院には独自に研究した匠の麻酔技術があるので、電動麻酔器よりも痛くありません。痛みの少ない麻酔テクニックは理事長が長年
の臨床経験をもとに研究を重ねた中から体得
したもの。
細やかな配慮と匠技のテクニックで、痛みの少ない麻酔を実現しています。このテクニックは全ドクターで共有しており、誰が担当しても麻酔時の痛みや苦痛がほとんどありませんので、どなたでも安心して治療を受けていただけます。

初診の方も安心
患者さまの中には、治療の痛みで辛い体験をしたり麻酔が苦手な方がいらっしゃいます。
「治療が終わった後、どの患者さまも麻酔が痛くなかったとおっしゃっていますよ」
とお話しすると、みなさん治療前の不安が消えていくようです。
以前、強い痛みの不安をお持ちの方に麻酔をした時、
「全然痛くありませんでした」
とおっしゃってトラウマを克服されました。一度痛くないことがわかれば、2回目以降からは麻酔の不安がなくなり、どなたも安心して治療を受けています。

目隠しタオルからお声掛けまで、小さな配慮で不安を解消
注射器を見ただけで不安になる方がいます。麻酔の前は患者さまのお顔にタオルをかけて、直接見えないように配慮します。目隠しをしているので、唇がしびれてきて初めてわかる方が多く、特にお子さまは、最後までまったく気づかないことも少なくありません。ドクターやスタッフも、患者さまが安心できる言葉をかけて、不安を取り除くように心がけています。

笑気麻酔で、痛みの不安や歯科恐怖症を克服

笑気麻酔患者さまの表情や仕草などを見ていると、恐怖心が強いかどうかが判断できます。痛みの不安が強い方や嘔吐反射の強い方、歯科恐怖症の方には、笑気麻酔をご提案します。笑気麻酔は、「笑気吸入鎮静法」とも呼ばれる麻酔法で、鎮静効果のある笑気ガスを鼻から吸うと、全身がリラックスしてきて、治療中の傷みや不安・緊張が和らぎます。沈静効果はありますが、全身麻酔と違って意識がなくなったり眠ってしまうことはなく、周りの音やドクターの呼びかけに反応できます。

使用する笑気ガスはほんのり甘い臭いがしますが、無色で低濃度なので副作用はありません。特に歯医者さんが苦手なお子さまには有効で、笑気麻酔を使うと不安がなくなり、意識やトラウマを残さずにすみます。

<笑気ガスはこんな方に適しています>
・歯科恐怖症の方
・高血圧や狭心症など全身疾患をお持ちの方
・嘔吐反射の強い方
・お子さまやご高齢の方

実際に治療を受けた患者さまの声

H.K様 女性 68歳 目黒区
患者さまの声

■治療を終えて一言お願いします
先生がとても優しく、親切、丁寧にして下さり、痛むこともありません。安心して見ていただき感謝しております。

■治療全体の感想をお願いします
スタッフの方も親切で、来て良かったと思っております。囲りの方々にも紹介したいと思います。


H.K様 女性 68歳 目黒区
患者さまの声

■治療を終えて一言お願いします
信頼できる先生だと思います。
土曜に治療して頂けるので大変助かります。

■治療全体の感想をお願いします
先生の説明がとてもわかりやすいので、良いと思います。


T様 男性 55歳 東京都
患者さまの声

■治療を終えて一言お願いします
いつも丁寧な治療と説明で、痛みもなく安心です。

■治療全体の感想をお願いします
患者の立場に立って治療方針を決めてもらえるので、信頼がもてます。


H.H様 男性 24歳 世田谷区
患者さまの声

■治療を終えて一言お願いします
痛みも少なく、安心して治療してもらえる

■治療全体の感想をお願いします
根気よく治療してもらえるため、安心してまかせられると思ってます

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております