親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは、10代の後半から20代前半にかけて生えてくる歯で、第三大臼歯または智歯(ちし)ともいわれ、奥歯(大臼歯)の中でもっとも後ろの位置にある歯です。根が横になったり斜めになって生えてくると炎症を起こしたり、他の歯に影響を与えることがあるので、早めの抜歯をおすすめします。

当院の親知らずの抜歯

親知らずの抜歯かかりつけの歯医者さんに行っても、親知らずの抜歯ができないと断られた経験はありませんか?親知らずは、歯や根の状態によっては抜歯が難しく、危険を避けるために抜歯技術のあるドクターを紹介するケースがあります。

親知らずの抜歯は痛くて辛いと思っている方も多いようですが、当院では数分で抜歯が終わり、しかも痛みや苦痛が無いことがほとんどです。患者さまの中には、あまりにもあっけなく抜けたので、次の機会に2本一緒に抜歯をした方もいらっしゃいます。抜歯後の腫れや傷みもほとんどありませんので、親知らずでお困りの方は、早めの抜歯をおすすめします。

抜歯はスピーディが命
理想的な抜歯はスピーディに処置することです。当院では、素早く安全に処置致しますので、親知らずに関してお悩みの方は安心してご相談ください。

正確な診断であらゆる親知らずに対応
親知らずの確認は、通常はレントゲン写真で診断します。レントゲンで、親知らずの根が神経や血管に近い場合は、正確に把握するためにCT診断を行います。大きな外科処置が必要な場合には、提携先の口腔外科をご紹介いたしますので、そちらで抜歯をしていただくようになります。

親知らずは、どうして抜歯した方がいいの?

親知らず親知らずは奥歯のもっとも後ろに生えている歯です。正常に生えてきた場合でも、歯ブラシがあたりにくいため衛生環境が悪くなり、むし歯のリスクが高くなります。さらに横になったり斜めに生えたりすると、隣の歯を押して歯並びを悪くします。また隣の歯と重なって生えてくると、歯周病リスクも高まります。残しておいてもデメリットが多くなるので、生えてきたら早めの抜歯をおすすめします。当院では、あらゆる症例に対応いたしますので、親知らずでお困りの方はいつでもご相談ください。

<親知らずがあることでのデメリット>
・歯周病リスクが高まる
・歯ブラシがあたりにくいので、むし歯になりやすい
・隣の歯を押して、歯並びを悪くする
・お口の中の衛生環境が悪くなる

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております