セラミック治療で若々しく美しい口元に

セラミック治療患者さまの相談でもっとも多いのは、「金属の歯を白くて美しい歯に変えたい」というご要望です。セラミックの被せ物や詰め物に変えると、歯の色は白くなって美しくなります。匠の技を持つ技工士と、細部にこだわった治療で、口元をより一層美しく引き立てるセラミック治療をご提案いたします。

当院のこだわりの審美歯科治療
【1】歯ぐきの状態を整える
審美歯科治療で美しい状態に仕上げるには、口腔内の状態が関わってきます。歯周病などがあると、せっかくキレイな被せ物を入れても、見た目が悪くなったり歯ぐきが下がってきたりします。歯ぐきの状態が悪い場合は、歯のクリーニングや歯周病治療をしてから詰め物や被せ物(技工物)を装着します。クリーニングをすることで、歯ぐきの状態が引き締まり、被せ物と歯ぐきの間に隙間がなくなります。ぴったり装着できるので、見た目もキレイに仕上がります。

【2】細部にまでこだわった治療
当院では目に見えない部分だからこそ、よりていねいで緻密に処置をします。すべてのドクターが、基本に忠実な治療を心がけていますので、審美性・機能性を兼ね備えた、長持ちする歯を作ります。

【3】ホワイトニングでトータル的な白さをご提案
お口全体を白くて美しい歯にしたい方は、被せ物を入れる前にホワイトニングをご提案します。被せ物はホワイトニングでは白くはならないので、被せ物を入れた後にホワイトニングをすると、歯の色のバランスが崩れて、被せ物だけが浮き立ってしまいます。ホワイトニングを先にしておくと、白くなった歯に合わせて被せ物の色を調整できるので、口元全体が調和の取れた白さになります。

【4】三位一体の匠技の技工物
当院で提供する技工物は完成度が高く、装着すると「ぴったりかみ合う」と、患者さまからも好評をいただいています。その秘密は、技工士による匠の技とドクターの技術、そしてスタッフの石膏技術による連携です。この三つの技のコラボにより、完成度の高い技工物に仕上がります。

「匠の技の歯科技工士」はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております