歯周病の進行と治療

歯周病は、初期段階から中期~末期へと進行し、進行状況によって治療法が変わってきます。

初期の歯周病歯周病の進行と治療
歯と歯ぐきの間に溜まっている汚れ(歯垢や歯石)に細菌が繁殖して、歯肉炎を起こしています。この段階では自覚症状がありません。治療は歯のクリーニングを数回行い、併せて毎日の歯みがきで完治できます。

中度の歯周病歯周病の進行と治療
歯石が増えて、出血や口臭などの自覚症状が現れます。骨の後退も進み、歯周ポケットの溝が深くなって歯がぐらつくようになります。治療はスケーラーと呼ばれる専用器具を使って、歯周ポケット内部に付着した歯石を取り除きます。なお、歯周ポケットの溝が深い場合は、麻酔をかけて行います。

重度の歯周病歯周病の進行と治療
さらに悪化して、歯肉が化膿して骨の後退や歯のぐらつきが大きくなります。この段階になると、通常の治療では根治が望めず、外科的処置の対象となります。それでも治療が難しい場合は、抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております