プラークコントロールで歯周病を克服

歯周病治療でもっとも重要なことは、プラークコントロールです。歯科医院で行うスケーリングと、毎日の歯みがきを徹底させれば、初期段階の歯周病でしたら根治できます。当院の歯周病治療では、徹底した歯ブラシ指導とスケーリングでプラークをコントロールします。

ブラッシング指導ブラッシング指導
ブラッシングは、歯周病予防の基本です。歯ブラシ法には色々な方法がありますが、当院では、スウェーデン式ブラッシング法による、ブラッシング指導を行っています。一般的な歯ブラシと部分みがき用の「タフトブラシ」の2本を使うことで、効率よく汚れが落ちて、歯ぐきの状態も改善できます。

「予防歯科」はこちらへ

スケーリングスケーリング
歯周病治療の基本ともいえる治療で、歯ぐきから上の歯の部分に付着している、汚れをていねいに取り除く治療です。スケーラーと呼ばれる専用器具で、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に付着したプラークや歯石を、1本1本除去していきます。汚れと共に細菌も取り除くので、歯周病の原因菌の数が減り、歯周病になりにくい環境になります。歯と歯ぐきの間の汚れを除去することで、歯ぐきが引き締まって状態がよくなります。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
歯ぐきから下にある歯周ポケットの奥深くに付着した歯石を取り除く処置です。歯周ポケットの内部にスケーラーを入れて、付着した歯石を1本1本かき取るように除去します。必要に応じて麻酔や笑気ガスを使用します。

歯周外科
歯周病が悪化してスケーリングやSRPでは症状が改善しない場合は、外科的な処置を行う歯周外科の対象となります。フラップ手術やエムドゲインによる再生療法など複数の治療法があり、症状に応じて選択します。なお、当院ではスケーリングやブラッシングを徹底しているので、歯周外科になるケースは、ほとんどありません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております