2015年3月21日

クラウン(かぶせもの)

項目 イメージ 内容 費用(税抜)
アバットメント(土台) 土台 20K 35,000円
14K 25,000円
ファイバーポスト 20,000円
パラジウム 10,000円
銀(またはプラスチック) 保険適用
オールセラミック オールセラミック ジルコニア 120,000円
e-max 100,000円
メタルボンド冠 メタルセラミック プレシャス(金・白金の合金) 110,000円
セミプレシャス(パラジウム、銀合金) 100,000円
ホワイトクラウン 50,000円
ハイブリッドレジン冠 ハイブリットセラミック ハイブリッド 50,000円
金属冠 ゴールド プラチナ 70,000円
20K 60,000円
14K 45,000円
12%銀 保険適用

インレー(つめもの)

項目 イメージ 内容 費用(税抜)
  セラミック ジルコニア 55,000円
セラミック e-max 45,000円
金合金 20K 40,000円
14K 30,000円
金銀パラジウム 12%銀 保険適用

審美歯科(ホワイトニング)

項目 イメージ 内容 費用(税抜)
ホームホワイトニング ホームホワイトニングキット マウスピース上下・ジェル2週間分セット 28,000円
ジェル2週間分 10,000円
マウスピース 6,000円
当院オススメ!
スピードホームホワイトニング
スピードホームホワイトニング マウスピース上下・ジェル2週間分セット 33,000円
歯肉漂白 歯肉漂白 色素沈着やメラニン沈着などで黒くなってしまった歯ぐきを、薬液を使って綺麗に漂白します。 6,000円

インプラント

項目 イメージ 内容 費用(税抜)
一次手術 インプラント インプラント埋入 200,000円
骨造成を行う場合(人工骨) 10,000~20,000円
骨造成を行う場合(人工骨膜) 20,000円
二次手術 インプラント料 30,000円
後日仮歯が必要な場合(土台+作製) 30,000~40,000円
印象採得(型どり) 印象採得 30,000円
冠(かぶせ物) 冠(かぶせ物) 130,000円
メンテナンス料金 メンテナンス料金 デンタルレントゲン撮影1枚 500円
パノラマレントゲン撮影1枚 4,000円
クリーニング代(インプラント1本あたり) 1,000円
他の歯の検査・クリーニング代 5,000円
ソケットリフト
(骨造成)
1次手術の前に行う場合 150,000円

予防歯科

項目 イメージ 内容 費用(税抜)
PMTC PMTC 衛生士によるプロフェッショナルクリーニング
※着色の汚れの付き具合によって変わります。
5,000~10,000円
トリートメント トリートメント   1,000円

スポーツマウスガード

項目 イメージ 内容 費用(税抜)
マウスピース マウスピース レスリング・空手などのスポーツ用マウスピース 10,000円

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いのほかに、クレジットカードでお支払いいただけます。

一括支払い
当院受付でのお支払い、または当院指定の銀行口座へお振込みください。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さまのご負担となります。

クレジットカード
クレジットカード各種クレジットカードでもお支払い可能です。

インプラントなどの自由診療では健康保険は使えませんが、高額治療費は医療費控除の対象となります。

医療費控除について

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費が必要となった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。

ただし、1年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額となります。

控除金額について

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受けるために必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております